ワキガは豆乳に含まれているイソフラボンがにおいを抑える

ワキガは豆乳を飲むことで抑えることができます。これは豆乳に含まれているイソフラボンが女性ホルモンと似た働きを持っており、体内の男性ホルモンの割合を減らしてくれます。

ワキガは豆乳に含まれているイソフラボンがにおいを抑える

tounyu

豆乳に含まれているイソフラボンには女性ホルモンと同じ働きを持っています。女性の体内にも男性ホルモンは含まれており、割合が増えることでワキガを悪化させます。

豆乳で得られる効果

女性ホルモンに似た効果を持つイソフラボンは一体摂取することでどんな効果があるか紹介します。

  • 美容効果
  • 乳腺を刺激してバストアップ
  • 骨密度の向上
  • 血行促進
  • 生理不順の改善

女性にとってどれも嬉しい効果を生んでくれます。また、中でも血行促進や生理不順の改善はワキガに直接関係してきます。

血行促進で冷え性・肩こりからの身体的ストレス解消

ワキガの元となるアポクリン線はストレスによって分泌されることがあります。身体的ストレス(疲労)から分泌されるにおいは強いです。女性は体にストレスを感じることで生理不順も同時に起こしやすくなります。

女性ホルモンの崩れを整えて生理不順を改善

女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンは摂取することで生理不順を改善させます。体内で生成される女性ホルモンは男性ホルモンを変換することで生成されています。生理不順を起こすとこの生成が上手くいかず、男性ホルモンの割合が増えてホルモンバランスが崩れます。そのため、外部からイソフラボンを摂取することで女性ホルモンの生成をサポートしてくれます。

豆乳以外でイソフラボンを含む食材

  • 納豆
  • 油揚げ
  • きな粉
  • 味噌など

どれも食卓に並ぶことの多い食材ばかりです。イソフラボンの1日の必要摂取量は60~80mgとされております。1日の間に朝食と夕食だけでも意識的に献立を考えれば、摂取できる量です。

豆乳も取り過ぎることは注意

豆乳はたんぱく質も多く含まれているため、摂り過ぎるとワキガのにおいを悪化させます。豆乳だけでなく、イソフラボンを含む食材とバランス良く摂取することが大切です。